HOME > ぐるりさいたま! > 記事トピックス > 特集 地元で評判の飲食店

[更新日:2019年10月11日]

ぐるりさいたま!季節の特集

4月の特集

◆東武朝日 2019年4月26日(第934号)紙面より

特集・地元で評判の飲食店

地元で評判の飲食店

埼玉東部エリアで話題! 今すぐ行きたいお店!

今回紹介するのは埼玉東部地域で評判の飲食店。そのジャンルは様々で、和食、イタリアン、鉄板ビストロ、エスニック、ラーメンなど…。どれも今すぐにでも行きたくなるこだわりのお店ばかり。中でも今回クローズアップしたのが「ワインバー」。ワイン初心者が知っておきたい基礎知識や、今の流行、おすすめのワインなどを紹介した、「ワイン初心者でも楽しめるワインバー」を掲載。ワイン専門店の店主が教えてくれる情報は、ワインの奥深さと魅力をたっぷり紹介しています。

ワイン初心者でも楽しめるワインバー

今宵はワインの奥の深さを楽しみたい!

ワイン初心者でも楽しめるワインバー※写真は2枚ともイメージです ワインを飲むためには深い知識が必要な気がする」という理由で初心者の多くは、ワイン選びを難しいものと感じていませんか。そんな初心者の方でもワインの世界を楽しめる場所がワインバーです。

ワイン初心者が知っておきたいワインの基礎知識

まずは、基本の赤ワインと白ワインの違いから。赤ワインは黒ブドウを皮ごとつぶして、皮と種もそのまま漬け込んだ状態で発酵を進めるので、皮の色素も加わって鮮やかなワインレッドになります。白ワインは、白ブドウを皮ごとつぶすところまでは赤ワインと一緒ですが、発酵させるまえに果汁を搾り取って、皮や種などを取り除いてしまいます。そうして果汁だけを発酵させるので液色は透明なものや、黄金がかった薄い色になります。口あたりが滑らかに仕上がるのが白ワインの魅力の一つ。一方で、長期熟成に必要なポリフェノールやタンニンが少ないことから、長期熟成に向いたものが少ないのも白ワインです。

ワイン初心者でも楽しめるワインバー 流行は日本産・オレンジワイン

今回取材に伺った「わいんBar アンバランス」は、越谷市・蒲生駅東口から徒歩3分の飲み屋街にあるワイン専門バーです。3月刊のワイナリーガイド「日本ワインに首ったけ」にも紹介されている同店・店主の渡辺潔さんがお勧めするのが、日本ワイン。日本の土壌や気候で造られたワインだから日本人好みに。そして、今話題になっているのがオレンジワイン。白ブドウの果皮と種子を一緒に醸して発酵させるので、鮮やかなオレンジ色に。深みとコクのある魅力的なワインです。
そんな渡辺さんに専門店ならではの秘蔵のワインを紹介してもらいました。「ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ルージュ ツヴァイ」。市場では手に入らない辛口の日本産赤ワインで、野性味溢れる複雑な香りと余韻を楽しめます(フルボトル6千円)。ゴールデンウィーク中は、イベントも多数用意されているようで、「ゆっくりとワインを楽しみたい読者の皆さんの来店をお待ちしています」と渡辺さん。

日本のワインを中心に世界各国のワインをグラスで気軽に飲めるお店

[越谷市] わいんBar Un balance(アンバランス)

わいんBar Un balance(写真提供:わいんBar アンバランス)ワイン初心者でも気軽に楽しめるワインバー

2015年2月に越谷市・蒲生で本格ワインを楽しめるワインバーをオープン。店内に飾られているアンティーク風の天秤はこのお店のシンボル的存在だ。落ち着いたアットホームな雰囲気でワインを気軽に楽しめるのがアンバランスのコンセプト。ワイン初心者にも優しいお店なので、気取らずにゆっくりワインの味を楽しめるのが嬉しい。「美味しくワインが飲みたいとき、心と体のバランスが崩れたとき、疲れたときなど、いつでも気軽にお立ち寄りください」と、店主の渡辺潔さん。「デビューセット」(2,000円/赤・白グラスワイン2種、おまかせワンプレート)は、ワイン初心者には嬉しいメニュー。グラスワインも600円~900円でいただけるほか、希少なワインも用意されているとか。ワインと合わせて食べたい、生ハムやチーズの盛り合わせ、イブリガッコのマスカルポーネなどのおつまみもワインの味わいを一層引き立てる一品。穏やかでくつろぎのひと時が日常を一時忘れさせてくれる。カウンター・テーブル9席なので予約が安心。

住所:埼玉県越谷市蒲生寿町17-10-2C
TEL:048-972-4500
営業時間:19時~深夜0時30分 定休日:日曜日

贅沢な気分にさせてくれるイタリアン

[越谷市] Italiana Regalare(レガラーレ)

レガラーレ(写真提供:レガラーレ)厳選した四季折々の食材を使い本格イタリア料理を提供!

厳選した四季折々の食材を使って、ていねいに調理した料理は色鮮やかな皿に盛りつけ、お客様の想像力を刺激する。お客様の要望に応えながら作るクラシックなイタリア料理からアレンジした料理を展開している。「価格もリーズナブルなので、お気軽にお立ち寄りください。高級食材・珍しい食材・厳選したイタリアワインをご用意してお待ちしています」と話すオーナーシェフ。立食なら40名まで可能なので、結婚式の二次会やパーティーなどにもおすすめ。「ランチコース」2,480円(税込)~、「ディナーコース」5,000円(税別)~。厳選素材の本格イタリア料理で、ちょっと贅沢な気分にさせてくれるので、特別な日や大切な人と過ごしたい夜などにもぴったり!

住所:埼玉県越谷市越ヶ谷1-10-25 セントヴィレッジ越谷102
TEL:048-940-6875
営業時間:[ランチ]11時30分~15時(L.O.14時)、[ディナー]17時30分~22時30分(L.O.21時30分) 定休日:月曜日

香ばしく軟らかな極上の逸品 今年3月にオープン!

[越谷市] うなぎ亭一座 東越谷店

うなぎ亭一座 東越谷店(写真提供:うなぎ亭一座 東越谷店)独自の手法で焼き上げ、独自のタレでいただくうなぎは絶品!

兵庫県姫路市に本店を構える「うなぎ亭一座」が、関東初進出となる越谷市に今年3月28日にオープンした。
「うなぎ亭一座」のこだわりは、関西風・関東風といった、うなぎ界の伝統的手法とは違う一座独特の手法で生み出された調理法にある。厳選された良質な国産うなぎを丁寧に調理し、備長炭を使って皮面までしっかり焼き上げる。炭火焼きにすることで、風味がより一層増し、美味しさを引き立たせるのだ。そして、熟練の技術を持つ7人の職人たちによって生み出されたこだわりのタレとともにいただくのが一座のうなぎである。その味は、「香ばしく軟らかな極上の逸品」。そして、食後にぴったりなのが、「手作りわらびもち」。お持ち帰りができるのが嬉しい。

住所:埼玉県越谷市東越谷6-24-3 1F
TEL:048-916-6040
営業時間:11時~14時30分(L.O.14時)、17時~21時(L.O.20時) 定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)

カジュアルスタイルの鉄板ビストロ!

[越谷市] 鉄板ビストロ ファイヤーダンス

鉄板ビストロ・ファイヤーダンス(写真提供:鉄板ビストロ・ファイヤーダンス)迫力のパフォーマンスと絶品ビストロ料理が楽しめる!

フランスのビストロテイストの空間で、厳選した「肉鉄板焼き」を中心にビストロ料理が楽しめる。中でも炎を上げながらステーキを焼き上げる光景は圧巻だ。中央にある大きな鉄板があるカウンターに座れば、目の前で迫力のパフォーマンスが見られる。
人気のメニューは、「ブラックアンガス牛ミスジステーキ」(料理7品/5,000円)や、「厚切り牛フィレステーキ」(料理7品/6,000円)がメインの2時間飲み放題付のコースで、飲み会や宴会など様々なシュチエーションにも最適! 料理に合うワインも豊富に用意されているほか、定番のお酒も多数取り揃えている。

[店長お勧めの1本!]
「Gevrey-Chambertin(ジュブレ・シャンベルタン)」フランス産
世界中のワインファンの憧れで、2001年ヴィンテージは、溢れんばかりの果実味と、驚嘆を禁じえない複雑な香りのタペストリーで人々を魅了するセレブな赤ワイン。価格:フルボトル1本20,000円(税別)。

住所:埼玉県越谷市南越谷4-3-1
TEL:048-971-9030
営業時間:11時30分~15時(L.O.14時30分)、17時~0時(L.O.23時) 定休日:年中無休

県内でも数店だけのタイセレクト認定店 GWは家族で楽しめるガイヤーン&もち米で!

[越谷市] マンゴスチン

マンゴスチン(写真提供:マンゴスチン)丸鶏を特製のタレに漬けて焼いた「ガイヤーン」(1.380円/税込)

タイ国商務省が認定した本格タイ料理を味わえる店として人気上昇中。写真は、丸鶏を店のコック特製のタレに漬けてからコンガリと焼いた「ガイヤーン(鶏肉)」(1,380円/税込)。そして、エスニックな雰囲気の器がかわいい、「もち米」(500円/税込)。ガイヤーンのおともにもち米と一緒にいただくのがおススメだ。ガイヤーンはピリ辛ソースでいただくのも良し、そのままでも美味しくいただけるので子どもや高齢者にも人気だ。同店ではお酒にも合う料理や子どもにも召し上がっていただける料理もまだまだいろいろあるので、GWはマンゴスチンへレッツゴー!

住所:埼玉県越谷市越ケ谷2-2-35
TEL:048-940-5115
営業時間:11時~15時、17時30分~23時 定休日:第3月曜日

本場のインド料理店が大袋界隈で話題に! 美味しくてリーズナブルな驚きの価格

[越谷市] アジアンダイニング&バー ノマ(NOMA)

アジアンダイニング&バーNOMA (ノマ)(写真提供:アジアンダイニング&バーNOMA )一番人気のチーズナンセット

大袋駅近くに今年2月にオープンして以来、早くもカレーファンの心をつかむ。魅力は美味しさだけではない。ランチセットが599円~999円(税込)、ディナーセットは750円~1,270円(税込)という驚きの価格。セットメニューにすれば焼き立てのプレーンナンが食べ放題だ。辛さはマイルドから激辛まで5種類あり、日本人好みのマイルドカレーは、子どもから高齢者まで人気だ。テイクアウトメニュー(610円)もある。パーティーコースは2時間食べ飲み放題で3,350円。飲み放題のみは1,700円。いずれも1名様の料金で2名様~。

住所:埼玉県越谷市大字袋山1406-6
TEL:048-918-1973
営業時間:11時30分~15時、17時~23時 定休日:年中無休

ヘルシーなベトナム料理店

[三郷市] ベトナム料理 ひまわり

ベトナム料理ひまわり(写真提供:ベトナム料理ひまわり)豊富なメニューで本格ベトナム料理を堪能。ランチにはセットメニューも!

つくばエクスプレス「三郷中央駅」西口から徒歩約9分のところに本格的なベトナム料理が楽しめる「ひまわり」がある。日本人にも人気のベトナム料理は、日本人にも馴染み深い料理がいくつもあり、何よりヘルシーなのが嬉しい。そんな「ひまわり」では、メニューも豊富で、定番の「揚げ春巻き」(780円)や「生春巻き」(690円)、日本でもすっかり浸透した「牛肉フォー」(850円)、「チキンフォー」(850円)などをはじめ、「パパイヤサラダ」(850円)、「蓮根サラダ」(850円)、「ベトナム風お好み焼き」(1,050円)、「バンミー」(ベトナムサンドウィッチ/530円)、「焼きヤギ」(1,490円)、「フェー牛肉ビーフン」(950円)など、食べてみたくなる料理ばかり。ランチメニューは、「チャーハン」(850円)、「ベトナムカレー」(1,150円)、「牛肉フォー」(890円)などのセットメニューで、春巻き(揚げ・生)やデザートなどが付く。※料金はすべて税別。

住所:埼玉県三郷市中央4-8-1
TEL:048-947-1808
営業時間:11時~14時30分、17時~21時30分 定休日:水曜日

開店1周年! こだわりのラーメンが大人気!

[越谷市] らーめん 破ぐん星

らーめん破ぐん星(写真提供:らーめん破ぐん星)人気No.1の「破ぐん星麺」(850円)

数々のラーメン店で働いてきた店主が、昨年5月に越谷市にオープンしたのが「らーめん 破ぐん星」。様々なタイプの味が楽しめるとあって、幅広いファンが訪れる人気店だ。そんな店主のこだわりは、前日のスープを取り分けておき、新しいスープを継ぎ足す「呼び戻し製法」を応用した豚骨スープを使用。タレや油、麺を変えることでマイルドな家系豚骨醤油や、こってりの背脂チャッチャ系のほか、あっさり魚出汁系など、異なる味わいのバラエティに富んだメニューを生み出している。1番人気は、家系風ラーメンの「破ぐん星麺」(850円)、次に人気なのが環七系背脂チャッチャ系ラーメンの「チャチャチャ麺」(950円)。他にも、あっさり魚出汁ラーメンの「中華そば」(750円※1日10食限定)や、二郎インスパイア系ラーメンの「破ぐん朗」(850円※1日10食限定)など。遠方からでも駐車場があるので安心だ。

住所:埼玉県越谷市下間久里390-5
TEL:090-3809-0259
営業時間:11時~22時(L.O.21時45分) 定休日:火曜日、不定休あり

記事トピックス

2019年の特集一覧

1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月

埼玉県東部地域の情報が満載!
埼玉東部の地域情報を発信・ぐるりさいたま!

~ 地域から探す ~

草加市 | 八潮市 | 三郷市
越谷市(1)| 春日部市 | 吉川市
松伏町 | 川口市 | さいたま市
その他(1)

~ カテゴリーから探す ~

展示 | 音楽 | 芸術・文化
学習 | イベント | スポーツ・健康
募集(2)| その他

[おすすめ情報・季節の特集]

1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月

7月| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月

埼玉県東部地域の情報が満載!
埼玉東部の地域情報を発信・ぐるりさいたま!

~ 地域から探す ~

草加市 | 八潮市 | 三郷市
越谷市(1)| 春日部市 | 吉川市
松伏町 | 川口市 | さいたま市
その他(1)

~ カテゴリーから探す ~

展示 | 音楽 | 芸術・文化
学習 | イベント | スポーツ・健康
募集(2)| その他

[おすすめ情報・季節の特集]

1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月

7月| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月

■ぐるりさいたま!について

■東武朝日について

■制作関連について

南越谷阿波踊り・朝日さわやか連